ユーザー評価(レビュー)

評価

2021/09/26

市商店

PART❶
心身の不調に苦しみ葛藤を乗り越えたオリンピアンに聞く



PART❶
心身の不調に苦しみ葛藤を乗り越えたオリンピアンに聞く
スポーツ離れの危機、そして、導き
室伏由佳(順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科准教授)、近年のスポーツ界を見てみると、少子化のなかで、子供の男女問わず、保護者と同じ競技をする子女が多いように感じます。とても良いことだと思います。そこで、保護者の方が最初に遭遇するのが、親と子、同時に指導者と選手の重複関係です。本記事の、室伏由佳さんもそうであったのかと感じました。このあたりの指導方法についての成功事例や失敗事例、アンケートを企画していただき、特集していただくと、これから保護者になり、スポーツに勤しまれる若い方たちの参考になり、日本のスポーツ発展に繋がるような気がします。よろしくお願いいたします。

現在、現役高校生、バレー部所属。毎号楽しみです。定期購読がお得と知り、申し込みます。